リンク集 ご意見箱 サイトマップ
FOREST FUND OF EHIME Opening FLASH

各事業の実施内容

愛媛の森林基金事業のあらまし

平成24年度に実施した、愛媛の森林基金の事業の実施状況をお知らせします。

■えひめ山の日の集い
森林の有する意義、山の重要性の認識を深め、森林を私たちの共有財産として大切に守り、次の世代に継承していくことを目的に、親しみやすく、参加しやすいイベントとして、愛媛県と共催で開催しました。
あいにくの雨のため、午後から予定していたトレッキングと自然観察会は中止とし、午前中の式典参加者を対象に、久万高原町へバスを走らせ、車窓から紅葉の山を眺め、「久万高原の家」モデルハウスの見学を行いました。

テーマ 「森のちから」
平成24年11月11日(日) 参加者464名

式典
式典

式典の様子

記念行事「えひめ一受けたい授業」

えひめ一受けたい授業

展示・販売状況

販売・展示状況

分科会
分科会(親子木工教室)

親子木工教室

紅葉狩り(くま号幻聴古岩谷)

紅葉狩り

木造モデルハウスの見学(久万高原町)

木造モデルハウスの見学


■森林・林業体験イベント事業
森林に関する体験を通じて、森林の果たす役割や森林整備の重要性について、広く県民にアピールするための活動を実施しました。

●木とふれあう機会の提供
県内の保育園や幼稚園やイベント等において、幼児や児童が木材でつくったおもちゃ等で自由に遊び、木の絵本等で森林について学ぶ機会を提供
  • 時期 平成24年8月17日(金)〜平成25年2月13日(水)
  • 場所 県内保育園、幼稚園、小学校、児童館並びに各種イベント会場
  • 内容 木製絵本読み聞かせせ、木の玉プール遊び、木のおもちゃ遊び
  • 対象者 幼児、自動及び保護者
  • 参加実績
 学校又はイベント名
実施回数
参加人数
保育所・幼稚園・小学校 13校 806名
児童館等 2施設
(延べ3回)
一部推計
334名
イベント 3会場
(延べ10回)
推計
4,400名
合 計 18箇所
(延べ26回)
推計含む
5,540名
体験イベント事業:木とふれあう1
体験イベント事業:木とふれあう2
体験イベント事業:木とふれあう3

■木工作品製作キット配布事業
木工作品の製作希望がある県内の小中学校へ、県産スギ材を使用した木工作品製作キットを配布しました。総合的学習の時間やクラブ活動、地域交流活動等で、活用されました。


応募数及び配布実績
147校 / 6,805セット
CDラック
2,012セット
小物入れ
1,011セット
本立て
3,078セット
3段棚
704セット

児童・生徒の感想
・私たちが使っている木工キットは愛媛県内で林業にたずさわる人たちがたんせいこめて育てたスギの木の間伐材で作られていることが分かりました。また、最近では、健全な森林を育てることで吸収されるCO2をお金に換算し、多くの人がお金を払うことで健全な森林の育成に関わることができる仕組みも作られているということが分かりました。

・ これからは、私も身の周りの木や森など自然を大切にしたり、木材を大切に使ったりして、自分にできる森を守る活動をしていきたいなと思いました。

・愛媛県の木に感謝です。わたしたちに、大切なスギの木を切って、分けてくれたことをありがたく思っています。

・ぼくは、今日はじめてスギの木でたなを作りました。はじめふくろをあけたときとてもいいにおいがして、森にいるようでした。

・これからも森林の間伐がんばってください。私も、森や木や自然を大切にしていきたいです。

・組み立てていると、スギの木の香りがして、とても心地よかったです。スギ材は、少しやわらかく、それが逆に釘が打ちつけやすくて、とても作りやすかったです。スギのみりょくを初めて知りました。

・愛媛の木でこのような工作をする機会はほとんどないと思うので、とてもいい経験になりました。さらに、自分で本立てを作ったのも今回が初めてなので、これからも大切に使っていきたいと思います。他の人は愛媛の木のよさを知らないと思うので、お父さんやお母さんに愛媛の木のよさを伝えてあげたいです。

・とても大切な資源の木をいっぱいくださってありがとうございました。みんなとっても大切に使っています。私たちは、組み立てるだけでとっても簡単なのに、すごくしっかりしたCDラックができるので、完成がとっても楽しみです。とてもスギのいい香りがしていて、特に、絵の具をぬった後でも、ほんのり香るので、すごくいい木なんだなあと実感できました。完成したら一生大切にしようと思います。これからも、とても健康的な木を作っていって下さい。そして、愛媛の木を全国に広めていって下さい。

木工キット1
木工キット2
木工キット3

先生の感想
・森林の大切さや環境保全について社会科や総合的な学習の時間で学んできた。自然環境を守ることや身近な資源を有効利用することについて考えるきっかけになった。
間伐材を有効活用している製作キットで作品作りをすることで、間伐について関心を持つ児童もいた。 加工のしやすさや、ぬくもりを感じるような手触りに、木材のよさを改めて感じた児童が多かった。

・森林の働きについて学んだ後、愛媛県産の森林のよさを話し合い、製作に取り組んだ、実物に触れ、体験活動をすることにより、学んだことを深め、森林への興味関心も高まった。

・保護者主催の創作コーナーの一つとして実施することができ、くぎの打ち方を教えていただいたり、よくわからない児童には的確なアドバイスをいただいたりと大変作品作りを行う上で効果的であった。木材を組み立てながら作品を作っていく楽しさ、親子等で協力しながら作るすばらしさを味わうことができた。そして、保護者や地域の人々との関わりを深め、地域の伝統や文化に親しみ、地域を愛する心情や勤労の尊さを学ぶことができた。さらには、保護者や地域の方々への感謝の気持ちをもつことができたと感じる。

・木のぬくもりについて感じることができ、愛媛の森林についても勉強することができました。毎年続けていただいているので、森林に対する興味と理解が深まっています。

・加工しやすく、身近な杉材であるが、愛媛でも材料が大切に育てられ、社会で多く活用されていることを知ることで、より身近な存在として杉をとらえることができた。
また、作りやすく加工してくれていることで、製作の手順を知る良い題材として扱えた。
木の良さを見つめ、愛媛の地域産業を知ることができる題材だと思います。

・実際に木材にふれることで、木材のもつあたたかみやよさにふれることができた。
また、間伐材を利用していることを知り、森林の保全のために、関係の方々が様々な取り組みをされていることにも気付いた。

木工キット4
木工キット5
木工キット6

■トレッキングコースの施設等整備事業

多くの人々に気軽に森林浴を楽しんでもらえるよう、森林散策コースの案内表示板等を設置する活動を助成しました。

地域づくり研究会 源流
遍路道(今治市玉川町別所)に、橋や案内板等を設置し、路面の整地を行いました。

トレッキング:源流1
トレッキング:源流2

久万高原遊山会
桂ヶ森(久万高原町西明神栄谷(のうたに)から同町二名(にみょう)まで)の登山道に案内標識を30カ所設置しました。


トレッキング:久万遊山会1
トレッキング:久万遊山会2

下宇和地域づくり協議会
景勝地法華津峠及び高森山(634m)(西予市宇和町)への登山道の案内板を下宇和公民館の横に設置し、登山道の草刈り等を行いました。


トレッキング:下宇和1
トレッキング:下宇和2

郷土の森林づくり管理事業

公益的機能の発揮とボランティアフィールドの造成を目的に、森林所有者の同意のもと、市や森林組合が行った広葉樹植栽地の下刈りに対して、助成を行いました。

下刈……………12.61ha

郷土の森:今治市
郷土の森:大洲市
郷土の森:宇和島市


Copyright(c) 2012 FOREST FUND OF EHIME. All Rights Reserved.