リンク集 掲示板 ご意見箱 サイトマップ
FOREST FUND OF EHIME Opening FLASH

森林適正管理事業のご報告

「愛媛の森林蘇生」を目指して

3.放置森林の現状


放置森林1
放置森林2
放置森林の現状
 間伐が適期に行われていないため、過密となった森林は、林内に日光が射し込まないため真っ暗で、スギ・ヒノキの植栽木は、か細くなり、枯れているものもあり、地面に植物の姿は見られません。
森林適正管理事業

放置森林1
5〜10年後
放置森林2
15〜20年後
放置森林1
約50年後
 
 森林基金が森林所有者から委託を受け通常より強度な間伐を実施

日光が射し込むようになった明るい林内には下草が繁茂し、アカメガシワ、ヒサカキ、アオキ等の在来の広葉樹が見られるようになってきます。

上木のスギ・ヒノキの間伐を5〜10年おきに繰り返し、森林の中に光が入るようにし、自生する広葉樹の成長を助けることにより、将来的にはスギ・ヒノキの巨木が林立する中に、ケヤキ、モミジ、コナラなどの落葉広葉樹や、シイ、カシ、ヤブツバキ等の常緑広葉樹等がバランス良く繁茂する、多様な植生を持ち、野生鳥獣とも共生できる、自然豊かな「えひめの森林」を目指します。

事業実施状況

【今治市】   【内子町】
今治市 実施前→実施中→実施後 内子町


Copyright(c) 2012 FOREST FUND OF EHIME. All Rights Reserved.